東京大学 ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構 量子イノベーション協創センター

センター概要

量子イノベーション協創センターは、長年に渡り培ってきた産学官協働を更に発展させる目的で、東京大学ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構内に、2018年4月に発足しました。本センターでは、量子ドットラボと6つの東大企業ラボが緊密に連携しながら、半導体ナノ科学や量子フォトニクスなど、大学の学理に基づいた先端科学と、レーザ技術やシリコンフォトニクスをはじめとするデバイス技術開発と産業界の事業化技術力を融合し、社会還元の出口を目指した連携研究を進めています。同時に関連分野を担う人材育成と成果普及を図るフォトニクス・イノベーション協創プログラムも企画・推進しています。


新着情報

2019年11月14日
【活動】10月23日に第17回PIセミナーを京大で開催しました
2019年09月13日
【研究】82年量子ドット提案論文がAPL Classic論文の引用累積数で6位に
2019年09月13日
【活動】7月18日に第16回PIセミナーを開催しました
2019年05月10日
【受賞】太田特任准教授に文部科学大臣表彰の若手研究者賞
2019年04月03日
【活動】4月24日から3日間、横浜で「ICNN 2019」を開催します
>新着情報一覧へ