東京大学 ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構 量子イノベーション協創センター

量子ドットラボ

 荒川・有田・太田研究室(量子ドットラボ)は、東大企業ラボ(東大シャープラボ、東大NECラボ、東大日立ラボ、東大富士通ラボ、東大QDLラボ、東大PETRAラボ)と連携をはかりながら研究開発活動を行う、量子イノベーション協創センターの一組織です。

 人工原子・分子などのナノ構造を実現する「ナノテクノロジー」はこれまで著しい進歩を遂げてきました。量子ドットラボでは、量子ドットやフォトニック結晶などの半導体ナノ構造の結晶成長やプロセス技術の開発、電子・光子の量子状態制御による物性や共振器電気力学の物理の探索、量子ドットレーザを中核としたナノフォトニックデバイスや量子情報デバイスの開拓、光電子融合技術などを中心にして研究開発を行っています。量子ドットラボでは、現在、以下の3つの大型研究開発プロジェクト、および民間からの共同研究費と寄附金による支援を受けて研究を推進しています。

①文部科学省科学研究費特別推進研究「量子ドット-ナノ共振器多重量子結合系における固体量子電気力学探究と新ナノ光源創成」(研究代表者 荒川泰彦)
②経済産業省/NEDO未来開拓研究プロジェクト「超低消費電力型光エレクトロニクス実装システム技術開発」(プロジェクトリーダ 荒川泰彦)
③NEDO研究開発プロジェクト「高輝度・高効率次世代レーザー技術開発(高効率・高出力量子ドットレーザーの研究開発担当)」(分担テーマ代表者 荒川泰彦)

 上記の研究は、生産技術研究所の岩本研究室やホームズ研究室、および東大企業ラボと緊密な連携のもとで進められています。量子ドットラボでは、意欲ある研究者を常に募集していますので、遠慮なくご相談下さい。

〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1
Tel. 03-5452-6245 Fax. 03-5452-6246
e-mail: arakawa[at]iis.u-tokyo.ac.jp

荒川 泰彦